その先の夢

こころから願えば。
願いさえすれば。
夢はなんでも叶うなんて。
そんなことは信じられないけど。
夢が、本気で願える夢になったら。
それはほんとうに叶うことに近づくと思うから。
だからわたしは。
彼ら5人がTOPになる世界を。
本気で願い続けるよ。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
遠いところで待ち合わせ。

ブログを移転することにしました。

理由は色々あるのですが、どれも大したことではないので。笑
一言でいえば、気分転換です。

これからも付き合ってやるよ、という。
心の広い方は下からお越しください。

http://d.hatena.ne.jp/kiraisyu3104/

私事 | permalink | comments(23) | trackbacks(0)| -
瞼の裏で手をつないで。

何かを好きということは。
すごく複雑なことだな、と。
最近思うわけです。

 :::

何かを好きになることで。
広がる世界は確かにある。

けれどその一方で。
閉じてしまった世界もある。

わたしはたぶん。

結果よりも過程が好きで。

でも。

この世の中。
過程で評価されることは稀だから。

好きな人たちの。
残念な結果は。
目をつぶりたくなる。

頑張ってほしい。
向上してほしいと思うから。

つい、今から。
目をそむけたくなってしまう。

 :::

長々とごめんなさい。笑

嵐の話ではないんです。

すこーし違う人たちのことを想って。
どうしようもなく胸が苦しくなりました。

 :::

嵐さんたちはよく口にします。
周りの人々への感謝を。

嵐さんは本当に周りに恵まれてたような気がします。

周りってすごく大事なんですよね。
ナイーブな彼と、やくざな彼にも。
善く導いてくれる人がいるといいのに。

私事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
嬉しいプレゼント。
を、頂いたので。

忙しい日常の間。
息をつくときに眺めております。(笑)
やっぱり大野さんは癒されます。

なんだか最近。
彼の喉仏ブーム(笑)

男らしい色気にやられます。


そんな癒やしを下さったお姉さま。
いつか、なんらかの。
お返しを。
待っててくださいね。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
憧れとは程遠く。

寝に帰る、とはまさにこのこと。

そんな日々が続いています。
ブログもメールもなかなかできなくてすいません。

地味に嵐は追いかけていますよ。

 :::

すこーしだけ。
憂鬱な話。

触れずにおこうとも思ったんですけど。
どうしても腑に落ちないままだったので。

 :::

わたしは何事にも限度があると思います。

彼らはもう庇護されるだけの子供じゃないのだから。
テレビを作ってる職人の一人なのだから。

彼らが発表したものに対する責任を。
すぐ他の所にだけ転嫁するのはどうなんでしょう?

確かに気持ち良くはないものだったとしても。

彼らが発信したことに変わりはないと思うんです。

その責任は彼らにもあると思うんですけど。
どうでしょう?

 :::

何を言ってるか分からなくなってきました。笑

あまりにも過激なものを読んで。
気持ちが萎えてしまったので。

 :::

まぁ何が言いたいって。

野球未経験なのに。
球を打ち返した大野智への愛は。
永遠に、不滅です。笑

 :::

外は寒いですが。
なぜか食べたくなったので。



美味しいですよ。

私事 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)| -
Tranquilizer.

たくさんの祝福と感謝を。
せめて今日ぐらいは。
綺麗な言葉でたくさん綴りたいのに。
どうしてだろう。
言葉が出てこない。

きっと特別すぎるから。

普通の人と変わらないよ、と。
一番そういうあなたが。
もっとも普通からは遠いところにいる気がします。

踊り、絵、歌、演技。
つきない才能が、世界に浸透していくことが。
本当に何よりも誇らしくて、嬉しい。
他の4人もそうなんじゃないかな。

わたしにとってあなたは。
チヨダ・コーキです。

いつか、あなたから。
脱出する時が来ても。
あなたにわたしが救われた事実は。
一生変わりません。

アイドルらしからぬあなたの生き方は。
面白く、誇らしく、優しく、厳しく、時に不安定で。
そのたびわたしの心を揺さぶるけれど。
あなたはどこを切り取っても。
あなたでいることを選んで歩んできているから。
その芯の強さに。
何回だって救われます。

ゆったりとあなたは進む。
人を押しのけることもなく。
駆け足になることもなく。
一定のリズムで黙々と。

時にはそれが歯がゆかったりもするけれど。

あなたはきっと本能でわかってるはず。
歩くスピードが一番。
周りから吸収するものが多いんだということを。

だから、地道にあなたは進む。
あなたが選んだ道を。

嵐のリーダーは。
とてもアラサーには見えない。
動物をも癒すあなたです。

特別すぎて。
愛しさがうまく言葉にできないけれど。

本気を出す、と。
そう目標をたてたあなたの29歳が。
いい景色でありますように。

Happy Birthday, 大野さん。
29歳おめでとうございます。

| permalink | comments(1) | trackbacks(0)| -
紅白。

出場決定、おめでとうございます。

なんだかいろいろ。
深読みしてしまったら。
なんとも言えない気持ちになって。
お祝いを書くのが遅れてしまったのですが。

明日という。
善き日に備えて。笑

わたしの大好きなNHK。
わたしの大好きな嵐。

この2つがコラボするんですから。
余計なことは考えず楽しみにしています。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
愛を叫ぼうか。

もうなんか。
最近ネガティブなものばかり書いていたので。
今日は愛を叫んでみようかと。笑

嵐さんにではなくて。
嵐さんで出会ったお姉さまに。笑

いつも。
ネガティブなわたしを心配して。
温かい言葉を下さる貴女がいるから。
わたしはまだ、嵐ファンでいる気がしてます。

嵐を取り巻くものが。
まだこんなにも優しいから。
だからやっぱり離れられない。

もーこんな小娘の。
モラトリアム丸出しの文章なんて。
放っておいてくれて構わないのに。
毎回、優しく気持ちをくんでくださって。
救われるんです。

大好きです、本当に。


…と、愛を叫ばせていただきました。笑
届くかな?

私事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
どうしてだろう。

以下、ネガティブなので。

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
どうかそのままで。

キープしてください、前髪を。笑

なによりも。
大野さんの前髪に一番食いついてしまった自分は。
どうしようもなく。
サトシックです。笑

ニノはもちろん演技はすごいけど。
バラエティでの瞬発力も捨てがたいですよね。
…と、HIROさんへの絡みを見て。
ふと思いました。

欲を言えば。
もう少し大野さんの声が聞きたかったかな。笑

なんだか最近。
彼が成仏でもしてしまいそうで。
少しだけ怖い。

 :::

札幌。

京セラでの奇跡を思い出しながら。

何事もなく。
楽しいといいね。

| permalink | comments(1) | trackbacks(0)| -
隙があれば。

逃げようと思ってたんです、彼らから。

次々と喜ばしいニュースの中で。
どうしてもテンションが追いつかなくて。

嫌いになったわけではなくて。
なれるわけもなくて。

でもただただなんか麻痺していて。

そんな中。
届いたメール。

優しいニュースを届けてくれて。

智くんの写真に癒されて。

隙なんかないんだと。
気付かされました。

 :::

私事でいろいろ重なって。
なんだか疲れていたみたいです。

嵐はわたしが目を離しても。
全然大丈夫だろう、と。
そう思うとなんだか。
隙があるような気がしてしまって。

 :::

最後にアラシゴトじゃないんですが。

私の応援してる。
途中の人たち。

モスバーガーのキャンペーンで戦ってるんですが。
やっぱり今の若手の勢いには勝てないんですかね。

勝てないのが彼ららしくて。
でもそろそろ勝たせてあげたい。

 :::

好きだって思う気持ちに。
思考なんて挟みたくないのに。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
 1 >>
RECOMMEND
笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)
笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
川原 泉
お嬢様学校ではみだしてしまった三人の女の子。世の中を斜めから見る癖に真っ直ぐに一生懸命に生きていく三人。大爆笑してしまうところも、涙ぐんでしまうところも、全部が全部「ぬくい」お話。
RECOMMEND
はみだしっ子 (第1巻) (白泉社文庫)
はみだしっ子 (第1巻) (白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
三原 順
様々な理由で世間からはみだし、大人に頼らずに自分たちだけで生きていこうとしていた四人の少年。彼等の行く先は甘くなくて、思わず彼らを抱きしめたくなるお話。
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS